記事一覧

当院の感染症発生動向(R2.2.3〜2.8)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・8例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 13例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・1例
     手足口病・・・・・・・・・・・・6例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・3例
     インフルエンザA・・・・・・・・6例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ インフルエンザの流行はほぼ終息してきました。しかし関東圏ではB型のインフルエンザが出始めたようです。市内でも出ている学校があると聞きました。今後の動向に注目です。
・ ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。嘔吐だけで下痢症状が軽い子が多いようです。吐いているだけでは直ぐには脱水を起こしません。慌てることなく、子どもが少し落ちついたら経口補水液を2、3分毎にスプーン一杯ずつゆっくり摂取させましょう。
・ 溶連菌が多くでました。腎臓やリュウマチ熱などの合併症を防ぐために、抗生剤での治療が必須の感染症です。発熱し喉の痛みが強いときは要注意です。