記事一覧

当院の感染症発生動向(R2.7.20〜7.25)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・0例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・0例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・1例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 水痘の1例は生後8ヶ月の乳児ですが、どこで感染したか不明でした。
・ 一度水痘に罹るとその水痘ウイルスは体内(脊髄)に長期間潜みます。それが身体の免疫能が低下するなどの場合に帯状疱疹(つづらご)を発症させます。帯状疱疹の患者さんからでも免疫がない乳児は感染し水痘を発症します。水痘ワクチンの2回接種で水痘の発症はかなり予防できますが、既に感染し体内にウイルスが潜んでいる方が多いため、水痘が麻疹のように制圧されるまでにはかなりの時間が掛かりそうです。

・ 発熱が続く、ウイルス感染症が増えています。38℃以上の発熱が5日間以上も続いている子もいます。大きな合併症を起こすことは少ないようですが、治療薬はなく、安静にして回復を待つしかありません。漢方薬は有効なこともあるでしょう。

当院の感染症発生動向(R2.7.13〜7.18)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・3例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・1例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 手足口病が流行している保育園があるようです。その保育園から受診した子がいましたが、発疹の形態は微妙で手足口病とは診断しませんでした。
・ 手足口病を引き起こすウイルスは何種類かあり、それぞれ少しずつ症状は異なります。従って僕が診た子もそうだったのかも知れません。しかし元々治療薬はありませんし、それと診断しても発熱無く普通に食べられていれば登園可能です。手足口病だったとしても軽症なら受診は不要です。

当院の感染症発生動向(R2.7.6〜7.11)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・0例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・2例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・1例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ ウイルス性胃腸炎は引き続き出ていますが、どの子も軽症です。
・ 典型的ではありませんが、夏風邪の一つである手足口病の子がいました。

・ 週の後半、ゼイゼイする子が続きました。おそらくヒトメタニューモウイルスやライノウイルスといった喘鳴を起こし易い感染症が出ているのでしょう。
・ 例年だと春は喘息発作を起こす子が多いのですが、今年は発作を起こす子がほとんどいませんでした。おそらくコロナ対策で様々な感染症が減少し、その結果喘息発作も減ったのでしょう。喘息発作も大部分は感染症が引き金になっていたことがよく分かりました。

当院の感染症発生動向(R2.6.29〜7.4)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・1例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ ウイルス性胃腸炎が出ています。上の表の数よりもっと多いでしょう。軽症で報告にあげなかった例も少なくありません。

・ 首都圏でのCOVID-19の数がまた増加傾向にあります。検査対象を増やしていることもあるのでしょうが、感染経路不明と報告されている数も増えてきています。いつも思うのですが、感染経路不明例とは明らかな感染者との接触がなかったと言うだけで、どのような行動をしてどこで感染した可能性が高いかは推測できるはずです。それを明確に発表してほしいものです。それが個々の行動の見直しにもなるのですから。