記事一覧

当院の感染症発生動向(R4.1.17〜1.22)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・1例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・0例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 弘前市の新型コロナウイルス感染症の流行で、当院にも新型コロナに罹患した児は受診しています。多くは軽症例で中には熱で苦しそうにしている子もいますが、翌日か翌々日には解熱しています。咳などの症状も多くは長引いていません。今のオミクロンだからかも知れませんが、やはり新型コロナは子どもにとっては普通の風邪と考えて良いのでしょう。しかし中には重症化する子もいるかも知れません。注意深い観察は必要です。

・ 今、混乱しているのは子どもが感染した時のご家族の対応です。子どもを一人で隔離するわけにはいかず、当然ご家族は濃厚接触者になるわけですが、問題は何日間自宅待機すれば良いかについてです。ガイドラインでは最終暴露日から10日間となっています。では何時を持って最終暴露日とするのか・・・。感染した子どもは10日間自宅待機になっていますから、その最終日から10日間?そうなると20日間休まなければならず、家庭だけでなく、社会全体の問題になってしまうのではないかと危惧しています。
・ 今のままのゼロコロナ政策は何れは破綻するのではないでしょうか。ある程度、目をつむれる所は目をつむり、ウイズコロナ政策へと転換して行く必要があると考えています。

当院の感染症発生動向(R4.1.11〜1.15)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・0例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 感染性胃腸炎の患者さんは更に減ってきました。

・ 弘前市は新型コロナウイルス感染症の患者さんがあっという間に増えていまい増した。小児にとって新型コロナは普通の風邪と大して変わりありませんが、今の日本では周りに与える影響が相当に大きいようです。既に保健所は濃厚接触者の追跡を諦めたようです。弘前保健所の人数では対応できないのでしょう。しかし我々が自由に治療や対応を支持できるなら、むしろその方がやりやすいと感じます。
・ とはいえ院内での感染を防止するためにはかなり気を使います。園や学校だけでなく保護者の含めて、周囲に感染者あるいは濃厚接触者がいる場合は予めクリニックにお電話ください。

当院の感染症発生動向(R4.1.4〜1.8)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・0例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・8例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 感染性胃腸炎の患者数は減少傾向のようです。

・ インフルエンザは県内でチラホラ出ています。弘前では12月中旬に他院で1例確認されましたが、その後は出ていません。インフルエンザと新型コロナと、その予防対策とは同じです。新型コロナへの予防対策をとることでインフルエンザの流行も抑えられるのかも知れません。

・ 1月は例年だと、様々な感染症が一旦減少します。おそらく年末年始の連休で学校や保育園がお休みになるからでしょう。しかし1月も後半になってくると次第に外来の患者数は増えてきます。

・ 新型コロナ・オミクロン株の流行が始まった今、人々がどのような行動をとるか国がどのような政策をとるかでコロナ以外の感染症もどうなるか変わります。予測は困難です。

当院の感染症発生動向(R3.1.4〜1.8)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・0例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・8例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 感染性胃腸炎の患者さんは減少傾向のようです。

・ インフルエンザは県内でチラホラ出ています。弘前では12月中旬に他院で1例確認されましたが、その後は出ていません。インフルエンザと新型コロナと、その予防対策とは同じです。新型コロナへの予防対策をとることでインフルエンザの流行も抑えられるのかも知れません。

・ 1月は例年だと、様々な感染症が一旦減少します。おそらく年末年始の連休で学校や保育園がお休みになるからでしょう。しかし1月も後半になってくると次第に外来の患者数は増えてきます。

・ 新型コロナ・オミクロン株の流行が始まった今、人々がどのような行動をとるか国がどのような政策をとるかでコロナ以外の感染症もどうなるか変わります。予測は困難です。