記事一覧

当院の感染症発生動向(R2.2.17〜2.22)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・5例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 10例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・3例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。
・ 溶連菌感染症が増えています。発熱、強い咽頭痛、関節痛などの全身症状が強いときはまず溶連菌感染症を疑います。苺舌や発疹に注意してください。
・ A型のインフルエンザの流行はほぼ終息しました。
・ 新型コロナウイルスは全国で蔓延し始めたようです。しかしほとんどの子どもは軽症のようです。それほど心配する必要はないでしょう。ただ、もし自宅にご高齢の方がいらっしゃり、その方に移してしまうと重篤な肺炎を合併する確率は高いようです。普段以上にご自宅での感染予防対策を心掛けるようお願いします。

当院の感染症発生動向(R2.2.10〜2.15)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・9例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・3例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・5例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 当院ではまだB型のインフルエンザは出ていません。
・ 依然、ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。下痢はなく嘔吐だけの子も多いのですが、吐いたからと行って胃腸炎と決めつけてはいけません。溶連菌や鼻汁や痰での喉の刺激、発熱の始めや頭の病気でも吐きます。診断を決めつけず注意深く他の症状も観察することが大切です。

当院の感染症発生動向(R2.2.3〜2.8)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・8例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 13例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・1例
     手足口病・・・・・・・・・・・・6例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・3例
     インフルエンザA・・・・・・・・6例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ インフルエンザの流行はほぼ終息してきました。しかし関東圏ではB型のインフルエンザが出始めたようです。市内でも出ている学校があると聞きました。今後の動向に注目です。
・ ウイルス性胃腸炎の流行は続いています。嘔吐だけで下痢症状が軽い子が多いようです。吐いているだけでは直ぐには脱水を起こしません。慌てることなく、子どもが少し落ちついたら経口補水液を2、3分毎にスプーン一杯ずつゆっくり摂取させましょう。
・ 溶連菌が多くでました。腎臓やリュウマチ熱などの合併症を防ぐために、抗生剤での治療が必須の感染症です。発熱し喉の痛みが強いときは要注意です。

当院の感染症発生動向(R2.1.27〜2.1)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・1例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 21例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・5例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 11例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 季節外れの手足口病が流行っている保育園があります。暖冬の影響でしょうか。感染症も季節感がなくなってきました。
・新型コロナウイルス感染症はまだ日本に広く拡散はしていないでしょうが、それを想定して今から対策を取る必要があります。感染力はおそらくインフルエンザと同じ程度でそれほど強くはありません。致死率も100人に2人前後で極端に高いものではなさそうです。まだ治療薬はありませんが、対症療法で多くは治ると思われます。冷静な対応が望まれます。

当院の感染症発生動向(R2.1.20〜1.25)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・5例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 15例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・1例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・4例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザの流行は下火のようです。今シーズンはB型のインフルエンザ流行を予想していますが、今のところ一人も出ていません。このまま予想が外れると良いですね。
・ 引き続きウイルス性胃腸炎(おそらくノロウイルス)の流行は続いています。
・ アデノウイルス感染症も流行している保育園もあるようです。

当院の感染症発生動向(R2.1.14〜1.18)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・3例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 16例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・2例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・8例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 幾つかの保育園でインフルエンザが流行しています。全てA型のインフルエンザで今のところ僕が予想したB型は出ていません。しかしB型は春先に流行することが多いのでまだ油断は出来ません。
・ 引き続きウイルス性胃腸炎(おそらくノロ)の流行は続いています。

当院の感染症発生動向(R1.12.23〜12.28)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・7例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 31例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・2例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・2例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 17例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザはやや下火になりました。

・ ウイルス性胃腸炎が流行しています。1〜2日間の頻回の嘔吐と発熱、それに続く下痢です。感染力の強さからおそらくノロと思われますが、当院では敢えてノロかどうかを調べることはしていません。分かったところで特別な治療はなく、登園基準も変わりありません。発熱、吐き気が治まり、軟便が1日に2、3回程度に回復すれば登園しても良いでしょう。
・ 嘔吐だけでは水分を摂れないだけなので、直ぐに脱水になりません。頻回多量の下痢は水分を奪われ脱水を起こします。多量の下痢をしたら、その都度しっかりと経口補水液を摂らせましょう。量は体重10kg当たり100mlです。

当院の感染症発生動向(R1.12.16〜12.21)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・1例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・7例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・3例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 21例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 全県的にインフルエンザの流行は拡大しているようですが、弘前保健所管内の流行はそれほど大きくないようです。流行の中心の小学校が来週から冬休みに入ります。流行は一旦終息に向かうようでしょう。しかし年が明けてしばらくすると本格的な流行期に入ると考えています。年明け、今度はB型が流行ると予想しています。今期、既にインフルエンザに罹ってしまった人でも予防接種をする意味はあるでしょう。

当院の感染症発生動向(R1.12.9〜12.14)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・1例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・1例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・4例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 12例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・2例

・ インフルエンザの流行は続いているようですが、当院の患者数は多くありません。当院の守備範囲の地域での患者数が少ないのでしょうか。
・ 僕の予想より大きな流行になってしまいましたが、それでも少し終息してきたように思います。予想では年明けにもう一度、おそらく今度はB型のインフルエンザが流行すると考えています。
・ インフルエンザの流行に隠れて、マイコプラズマ感染症や溶連菌も出ています。それらを見落とさないことが大切です。

当院の感染症発生動向(R1.12.2〜12.7)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・1例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・6例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 14例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・3例

・ インフルエンザの流行は拡大しているようです。
・ インフルエンザ以外の発熱が続く風邪も流行っているようです。周りがインフルエンザでもインフルエンザではない子もいました。診断するには迅速試験が有効ですが、発熱して直ぐでは反応がでません。可能なら半日ほどしてから受診してください。もちろん呼吸困難、意識障害があるときは例え夜間でも緊急で受診する必要があります。
・ マイコプラズマ感染症が続けて出ました。マイコプラズマ感染症は夜間の発熱と乾いた強い咳、そして鼻水が出ないのが特徴です。乳幼児では軽いことが多く、学童以上では肺炎を起こしてくる確率が高くなります。

ページ移動