記事一覧

任意予防接種料金

 これまで当院では任意の予防接種料金を比較的安い価格に設定してきました。2003年消費税の免税額が引き下げられ、課税対象となったときにも、当院では予防接種や診断書料に消費税を付けずにいました。しかし4月から消費税が8%に上ると今の価格のままでは赤字となるワクチンも出てしまうことが判明しました。そこで今回、任意のワクチンの価格を見直しました。新価格は院内に掲示してあります。皆様、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

弘前市風しんワクチン接種費助成事業

弘前市では成人の風しんの抗体検査、およびワクチン接種費を全額助成することになりました。
1.接種期間 平成25年11月15日〜平成26年3月31日
2.接種対象者 弘前市在住で平成2年4月1日以前に生まれて者のうち、妊娠を希望する女性と妊婦の夫及びその同居家族
3.助成希望者は保健センターの健康づくり推進課に申請し、助成券もらって下さい。
4.指定医療機関を受診し、まず風しんの抗体検査を受け、抗体価が低い場合に接種を受けることが可能です。
抗体価の低い場合とはHI抗体価が16倍以下、もしくはEIA抗体価が8.0未満です。

 市からの実施要綱には「このワクチン接種事業は個人予防目的に比重を置いたものであり、努力義務はなく、自らの意志と責任で接種を希望する場合にのみ接種を行うものである」とあります。

本当にこれで良いのだろうか???
僕としては抗体検査の必要はなく、明らかな罹患歴、予防接種歴(2回以上)のないものは全て予防すべきと思うのですが。出来れば風しん単独ではなく麻しん風しん混合ワクチンで。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ