記事一覧

ウイルス性胃腸炎の感染防止対策

 ウイルス性胃腸炎の感染力は強いものです。特にロタやノロウイルスの感染症力は極めて強力です。

まず消毒ですが、アルコール消毒は無効です。
次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)が有効です。

 感染経路は接触感染。吐物や便などに排泄されたウイルスを触った手を直接口に、あるいは他のものを触りそれが口に入ると感染します。従って糞口感染とも呼ばれます。吐物が乾燥するとウイルスが空気中に舞って塵埃感染を起こします。直ぐに処理してください。

1.手洗い
トイレの後、調理、食事の前には必ずしっかり手洗いしましょう。
オムツ替えや、吐物処理の後にも必ずしっかり手洗いしてください。
   手を拭くタオルは個別かペーパータオルが望ましいです。

2.吐物の処理
1)まず使い捨ての手袋をして、吸水シートで吐物をぬぐい取りそのままゴミ袋に入れます。吸水シートがなければペーパータオルで代用します。
2)汚れた床をキッチン泡ハイターで消毒し、吸水シートで拭き取り、ゴミ箱に入れます。
可能ならこの処置を使い捨てのガウン、マスク、キャップ、ゴーグルを装着すれば完璧でしょう。
3)ゴミ袋は直ぐに口を縛ります。

この動画を参考にしてください。 https://www.youtube.com/watch?v=S4aZywfkhNU

3.オムツの交換
1)オムツの交換は使い捨て手袋をして、使い捨てのシートの上で行う方が良いでしょう。
2)オムツは直ぐにゴミ袋に入れて直ぐに口を縛ります。

4.ドアノブ、玩具などの消毒はハイターを薄めて使用します。ただし作り置きは出来ないのと、ワイドハイターは使えません。

 消毒液:500mlのペットボトルで作る方法
  ハイターをペットボトルのキャップに半分程度+水道水 500ml
  (手が荒れるので必ず手袋をして使用してください)

5.衣服の消毒
汚れた衣服は上の消毒液に10分ほど浸した後、他のものと分けて選択してください。
ハイターを使えないものは熱湯で煮沸消毒します。

6.ハイターで消毒できない絨毯などはスチームアイロンが有効でしょう。

おたふく風邪ワクチン

 最近、おたふく風邪のワクチンを3回接種した方が良いと書いています。それは1回目の接種での有効率は80%程しかないためです。1回接種した後、2〜3ヶ月で2回目を接種し、更にその5年後に3回目を接種するのが望ましいと考えます。
2回目の接種の目的は1回目で免疫ができなかった子をカバーするため、3回目は時間が経って弱くなってきた免疫を再度強くするためです。

2回だけしか受けないのであれば、1回目の5年後に2回目を接種することをお勧めします。

1回目の接種でしっかり免疫ができた子に2〜3ヶ月後に接種してもそれ以上に免疫が強くなることはありません。時間が経って弱くなってきた頃に追加接種をするのが望ましいのです。

インフルエンザ脳症について

毎年出している記事ですが、今年も載せておきます。

 インフルエンザに罹ると誰しも脳症が心配になりますが、それはどんな症状なのでしょう。
子どもが高い熱を出してうなされることはよくあります。狂ったように泣き叫んだり、あらぬ事を口走ったり、部屋の隅を見つめてまるで何かがいるかのように怖がったり。その多くは熱せん妄と言って心配のないものです。ではどこまでが大丈夫で、どんな時に脳症を疑うのか。以下の項目を参考にして注意深く観察して下さい。

せん妄で脳症が疑われる場合
1.せん妄の持続時間が1時間以上、間歇的に12時間以上
2.せん妄間欠期の意識障害の程度が進行する場合
3.睡眠と無関係にせん妄が認められる場合
4.せん妄以外にけいれんが認められる場合
5.41℃以上の高熱や下痢が認められる場合

 解熱剤で熱が下がった時にもお母さんのことが分からなかったり、食べ物でないものを食べようとしたり、大きな子では一桁の足し算が出来なかったりといった時には病院を受診しましょう。タミフルを飲んだら安心という訳ではありません。タミフルを飲んでも、脳症を起こす子は起こしてしまいます。脳症を起こす時はタミフルが効いてくる前に一気に悪くなるのです。

 また、インフルエンザの治療薬による異常行動が懸念されていました。しかし治療薬を使用しなくても異常行動が見られることがありますので、子どもの行動に注意し、ベランダからの転落、道路への飛び出し等に注意し、窓・玄関の施錠を忘れないようにして下さい。

インフルエンザは正しく怖がりましょう。

インフルエンザ脳症について

 インフルエンザに罹ると誰しも脳症が心配になりますが、それはどんな症状なのでしょう。
子どもが高い熱を出してうなされることはよくあります。狂ったように泣き叫んだり、あらぬ事を口走ったり、部屋の隅を見つめてまるで何かがいるかのように怖がったり。その多くは熱せん妄と言って心配のないものです。では、どこまでが大丈夫で、どんな時に脳症を疑うのか。以下の項目を参考にして注意深く観察して下さい。

せん妄で脳症が疑われる場合
1.せん妄の持続時間が1時間以上、間歇的に12時間以上
2.せん妄間欠期の意識障害の程度が進行する場合
3.睡眠と無関係にせん妄が認められる場合
4.せん妄以外にけいれんが認められる場合
5.41℃以上の高熱や下痢が認められる場合

 解熱剤で熱が下がった時にもお母さんのことが分からなかったり、食べ物でないものを食べようとしたり、大きな子では一桁tの足し算が出来なかったりといった時には病院を受診しましょう。タミフルを飲んだら安心という訳ではありません。タミフルを飲んでも、脳症を起こす子は起こしてしまいます。脳症を起こす時はタミフルが効いてくる前に一気に悪くなるのです。

インフルエンザは正しく怖がりましょう。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ