記事一覧

当院の感染症発生動向(H29.12.11〜12.17)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・4例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 11例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・7例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・2例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・1例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 先週はB型のインフルエンザの子がいました。同じ地区の中学校で学級閉鎖の措置がとられたようですが、B型のインフルエンザの流行によるものでしょうか。B型にしては早いですね。B型のインフルエンザは局地的に流行するのが特徴です。しかしまだA型とともに大きい流行とは言えません。今週で冬休みに入るので流行は一旦終息するでしょう。
・ 水痘の流行が続いています。保育園での流行は直ぐに収まるのですが、小学校では予防接種をしていないかあるいは1回しかしていない子がほとんどで流行が収まりません。
・ ウイルス性胃腸炎も少なくありませんが、症状は軽いようです。