記事一覧

当院の感染症発生動向(H29.12.8〜12.24)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・4例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・4例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・4例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・2例
     手足口病・・・・・・・・・・・・8例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・1例
     インフルエンザA・・・・・・・・1例
     インフルエンザB・・・・・・・・1例
     RSウイルス感染症・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 水痘の流行が続いていますが、水痘の潜伏期間は2週間です。冬休みに入った小学校では今回の流行は一旦終息すると予想しています。保育園では小さな流行は続くかもしれませんが、予防接種が進んでいるので流行は間もなく終息するでしょう。
・ インフルエンザの患者は多くはありません。本格的な流行は例年通り年明けのようです。
・ 溶連菌感染症やウイルス性胃腸炎にも引き続き注意が必要です。