記事一覧

当院の感染症発生動向(H29.12.25〜12.31)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・8例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・2例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・3例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・4例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・5例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     RSウイルス感染症・・・・・・・1例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ 溶連菌は一年を通して出ていました。流行とは言えませんね。
・ インフルエンザは小学生は下火になり、保育園の流行があります。それも年末年始のお休みで一旦下火になるでしょう。本格的な有効は1月中旬からと予想しています。
・ 手足口病はまだ出ていますが発熱も無い軽症の子が多いようです。
・ 外来の患者数は年明けの最初の週は多いのですが、2週目に入ると減少し、3,4週目頃から再び増加してくるのが例年です。