記事一覧

当院の感染症発生動向(H30.3.19〜3.25)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・3例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・6例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・2例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・1例
     インフルエンザA・・・・・・・・6例
     インフルエンザB・・・・・・・・1例
     RSウイルス感染症・・・・・・・1例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザの患者は随分と少なくなりました。発熱の子は多いのですが、インフルエンザ以外のウイルス感染症が多いようです。
・ ロタウイルスによる胃腸炎の流行は続いています。少し下火になった印象がありますが、まだ注意が必要です。
・ RSウイルスやヒトメタニューモウイルス感染症が出ています。発熱が続き、強い咳が特徴的です。肺炎や喘息発作を誘発することもあります。RSウイルスについてはワクチンが研究されていると聞きました。早く開発されると良いですね。