記事一覧

当院の感染症発生動向(H31.1.15〜1.19)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・4例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・7例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・2例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・1例
     インフルエンザA・・・・・・・・8例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・1例

・ ニュースでインフルエンザが流行期に入ったと報道していました。青森も多くの地域で注意報が出ています。弘前の周辺はまだ注意報は出ていませんが、直に流行してくるでしょう。しかし今のところ軽症例が多いようです。注意はすべきでしょうが、インフルエンザへの過度の心配、過剰な対応は不要と考えます。
・ 引き続き感染性胃腸炎も出ています。インフルエンザで嘔吐する子もいましたが、感染性胃腸炎で高く発熱する子もいて、診断に苦慮することもあります。しかし対応はそれぞれの対症療法から始まります。
・ 溶連菌が増えています。インフルエンザと合併する子もいて要注意です。