記事一覧

当院の感染症発生動向(H31.2.18〜2.23)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 15例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・3例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・2例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 18例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 津軽地域のインフルエンザの流行は大きな流行になることなく終息に向かいつつあるようです。今のところまだB型インフルエンザは出ていません。

・ おたふく風邪が流行中です。おたふく風邪に罹った子で一人、耳の聞こえが心配な子がいました。その子の聴力が無事であることを祈っています。おたふく風邪に合併する難聴は治療法がなく、後遺症として一生それを背負わなければなりません。ほとんどが片側性ですが、音の方向をつかめず、患側から話しかけれれても聞き取ることが困難となります。おたふく風邪による難聴は数百人に一人と稀ではありません。是非とも予防接種をお勧めします。接種回数はベストは3回、少なくとも1歳と年長の2回は接種しましょう。