記事一覧

当院の感染症発生動向(R1.5.7〜5.11)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・4例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・1例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・1例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・4例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザの流行はほぼ終わったようです。まだ幾つかの園や学校で出ているようですが、まもなく終了するでしょう。
・ 水痘やおたふく風邪の子が時々います。水痘は予防接種のお陰で流行が拡大することはありませんが、おたふく風邪はだらだらと患者が続いています。
・ 昨年からのおたふく風邪の流行は、平川市でまだ続いています。弘前市内でも確認されており、流行の拡大が懸念されます。おたふく風邪は髄膜炎や難聴など合併症の多い感染症です。1歳になったらできるだけ早期の予防接種をお勧めします。