記事一覧

当院の感染症発生動向(R1.12.9〜12.14)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・2例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・3例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・1例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・1例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・4例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 12例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・2例

・ インフルエンザの流行は続いているようですが、当院の患者数は多くありません。当院の守備範囲の地域での患者数が少ないのでしょうか。
・ 僕の予想より大きな流行になってしまいましたが、それでも少し終息してきたように思います。予想では年明けにもう一度、おそらく今度はB型のインフルエンザが流行すると考えています。
・ インフルエンザの流行に隠れて、マイコプラズマ感染症や溶連菌も出ています。それらを見落とさないことが大切です。