記事一覧

当院の感染症発生動向(R1.12.23〜12.28)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・7例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・ 31例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・2例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・2例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・ 17例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ インフルエンザはやや下火になりました。

・ ウイルス性胃腸炎が流行しています。1〜2日間の頻回の嘔吐と発熱、それに続く下痢です。感染力の強さからおそらくノロと思われますが、当院では敢えてノロかどうかを調べることはしていません。分かったところで特別な治療はなく、登園基準も変わりありません。発熱、吐き気が治まり、軟便が1日に2、3回程度に回復すれば登園しても良いでしょう。
・ 嘔吐だけでは水分を摂れないだけなので、直ぐに脱水になりません。頻回多量の下痢は水分を奪われ脱水を起こします。多量の下痢をしたら、その都度しっかりと経口補水液を摂らせましょう。量は体重10kg当たり100mlです。