記事一覧

当院の感染症発生動向(R2.6.8〜6.13)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・1例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・2例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 報告すべき感染症は僅かです。
・ 暑くなり、マスクの弊害が問題になっています。クリニックでもずっとマスクをするのは辛くなってきました。ましてや動きの多い子ども達は尚更です。子どもは感染しにくく、罹っても重症化は少ないこと。学校や保育園がクラスターとなることは稀であること等を考慮し、臨機応変に対応してほしいものです。事故が起こってからでは遅すぎます。