記事一覧

当院の感染症発生動向(R2.8.24〜8.29)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・0例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・0例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・1例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 症状が発熱だけの子はまだ多いようです。その中にはアデノウイルス感染症もいると思いますが、敢えて検査はしていません。
・ おたふく風邪疑いの子が2名いました。おたふく風邪の診断は簡単ではなく、耳下腺の腫脹=おたふくかぜではありません。確定診断には血液検査で抗体価を調べる必要があります。しかしその検査にもタイミングが重要で、現在そのタイミングを計っているところです。検査後に確定診断されます。