記事一覧

当院の感染症発生動向(R3.1.4〜1.9)

     溶連菌感染症・・・・・・・・・・0例
     ウイルス性胃腸炎・・・・・・・・1例
     細菌性胃腸炎・・・・・・・・・・0例
     水痘・・・・・・・・・・・・・・0例
     おたふく風邪・・・・・・・・・・0例
     百日咳・・・・・・・・・・・・・0例
     リンゴ病・・・・・・・・・・・・0例
     手足口病・・・・・・・・・・・・0例
     ヘルパンギーナ・・・・・・・・・0例
     アデノウイルス感染症・・・・・・0例
     インフルエンザA・・・・・・・・0例
     インフルエンザB・・・・・・・・0例
     マイコプラズマ感染症・・・・・・0例

・ 毎年、小学校が冬休みのこの期間は小児科外来の患者数は減少します。今年はそれに輪を掛けて少ないようです。報告すべき感染症も胃腸炎の1例だけでした。

・ 例年、冬休みの前からインフルエンザが出始めるのですが、今年はほとんど出ていません。年末に数人出たようですが、それが広がることはありませんでした。おそらくコロナの感染防止対策がインフルエンザの流行をも阻止しているのでしょう。今年はインフルエンザの流行はないと予想していました。