記事一覧

ウイルス性胃腸炎の感染防止対策

 ウイルス性胃腸炎の感染力は強いものです。特にロタやノロウイルスの感染症力は極めて強力です。

まず消毒ですが、アルコール消毒は無効です。
次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)が有効です。

 感染経路は接触感染。吐物や便などに排泄されたウイルスを触った手を直接口に、あるいは他のものを触りそれが口に入ると感染します。従って糞口感染とも呼ばれます。吐物が乾燥するとウイルスが空気中に舞って塵埃感染を起こします。直ぐに処理してください。

1.手洗い
トイレの後、調理、食事の前には必ずしっかり手洗いしましょう。
オムツ替えや、吐物処理の後にも必ずしっかり手洗いしてください。
   手を拭くタオルは個別かペーパータオルが望ましいです。

2.吐物の処理
1)まず使い捨ての手袋をして、吸水シートで吐物をぬぐい取りそのままゴミ袋に入れます。吸水シートがなければペーパータオルで代用します。
2)汚れた床をキッチン泡ハイターで消毒し、吸水シートで拭き取り、ゴミ箱に入れます。
可能ならこの処置を使い捨てのガウン、マスク、キャップ、ゴーグルを装着すれば完璧でしょう。
3)ゴミ袋は直ぐに口を縛ります。

この動画を参考にしてください。 https://www.youtube.com/watch?v=S4aZywfkhNU

3.オムツの交換
1)オムツの交換は使い捨て手袋をして、使い捨てのシートの上で行う方が良いでしょう。
2)オムツは直ぐにゴミ袋に入れて直ぐに口を縛ります。

4.ドアノブ、玩具などの消毒はハイターを薄めて使用します。ただし作り置きは出来ないのと、ワイドハイターは使えません。

 消毒液:500mlのペットボトルで作る方法
  ハイターをペットボトルのキャップに半分程度+水道水 500ml
  (手が荒れるので必ず手袋をして使用してください)

5.衣服の消毒
汚れた衣服は上の消毒液に10分ほど浸した後、他のものと分けて選択してください。
ハイターを使えないものは熱湯で煮沸消毒します。

6.ハイターで消毒できない絨毯などはスチームアイロンが有効でしょう。