Warning: unlink(/home/r2361675/public_html/j-kodomo.com/wp-content/plugins/wp-scss/cache/ie.css): No such file or directory in /home/r2361675/public_html/j-kodomo.com/wp-content/plugins/wp-scss/class/class-wp-scss.php on line 108
城東こどもクリニック 滑液包炎と五苓散

滑液包炎と五苓散

院長のつれづれ

 メルマガには書いたのですが、3週間前の木曜日に突然左肘が痛み出し、その夜の悪寒倦怠感と全身の関節痛。そして次の朝には僕の左肘は大きく腫れて、蜂窩織炎と診断しました。焦って抗生剤の点滴と内服、患部をクーリングし痛みは1週間程で軽快しました。しかしその後も浮腫が取れず、皮膚科の先生に相談したところ、消炎剤が良いというアドバイス。そこでロキソニンをしばらく飲んで浮腫は治まりました。ところが今度は左肘の関節周囲にボヨ?ンと柔らかな腫瘤が出来てしまったのです。超音波で見てみると、厚めの皮に覆われた?胞がありました。中身は水(漿液)のようです。これは困ったと、また皮膚科の先生に診てもらいました。診断は滑液包炎。ネットで調べると、長時間肘をついたり、細菌感染が原因となることがあるようです。今回は蜂窩織炎が原因でしょう。しかし待てよ・・・ひょっとして毎日プランク・エクササイズをやっていたからそれが原因かも。椎間板ヘルニアの治療として春からずっとやっていたのですが、まさかね。

 さて、その滑液包炎の治療ですが、皮膚科の先生は自然に引けるのを待っていても良いのではと言っていました。でも試しに五苓散を飲んでみることにしました。そうすると一日で?胞が少し小さくなった気がします。これは良さそうです。
 五苓散は嘔吐下痢症でよく使います。喉が渇くけど、飲むと吐くといった症状の時、最も有効です。その元々の薬理作用は体内の水をコントロールすることです。頭がむくんでの頭痛や、足の浮腫にも有効です。漢方薬というと、長く飲んでゆっくり効く薬と思われがちですが、小児科でよく使う漢方薬は即効性のものが多いのです。五苓散はその効果を実感できる優れたお薬の一つです。

プランク・エクササイズ
 床にうつぶせに寝て、体を真っ直ぐにし、立てた肘とつま先とで体を支えるエクササイズです。インナーマッスルのトレーニングとして、ヘルニアで受診した整形の先生に勧められました。それを朝夕、3分ずつやっていました。ウエストのサイズダウンに効果的。腰のくびれも出来るそうですよ (^_^)v

filed under: